老後 個人年金 生命保険

老後の資金的な不安を回避するために、年金保険

少子高齢化が進んできていて、国の年金保険は見直しをしてはいるもののこれから老後をむかえる方の不安が高まってきています。
そこで考えたいのが、保険会社の個人年金保険で、保険料の支払い方式には、積み立て方式や一括支払いがあります。
さらに年金を受け取り方も1つではありません。
受け取る年金額が同じに固定されているタイプや年齢を重ねるにつれて変動していくものもあるのです。

 

このように個人年金には、いくつかのタイプがあるのですが、それぞれにはメリットやデメリットがあります。
まずは確定年金ですが、年金取得期間を決めていくタイプですから老後のマネープランを保険契約時に決めていけるのです。

 

もし年金取得期間中に死亡しても、遺族には一時金方式や残った期間に見合った年金が支払われます。
デメリットとして言えるのは、契約期間までしか年金を受け取れないので、その後の資金計画への不安がでてくるのです。
でもそのデメリットをクリアできるのが終身年金で、生きている期間中の一生涯年金を受け取れます。
デメリットとしては、割高な保険料を支払わなければなりませんが、一生年金を受け取れるので安心感がでてきます。

個人年金は「死亡保障」が無い老後資金目的の保険です

老後の資金計画を考えると国の年金以外に生命保険の個人年金に入って安心したいものです。
民間の保険会社には、個人年金保険が用意されていますので、ご自分やご家族のことを考えて、入って置いたほうが良いのです。

 

でも年金保険も生命保険の一種と考えると将来の老後を考えると貯蓄できて死亡したときの保障をしてくれるものであったほうが良いのです。
個人年金に死亡保障を求めていくには、無理があります。
生命保険とは言うまでもなくて、契約者が死亡したときの保障ですからかなりの額の保障が得られます。

 

個人年金に入っているともし年金受け取り者が死亡した場合には、一時金や残った年金支払い額相応の額の支払いは受けられますが、生命保険と比べると保障を目的としていないので、無いと考えた置いた方が良い額となってくるのです。
そうなってくるとどういった年金に入れば良いかですが、終身保険の方が安心できます。
保障がしっかりとしている分だけ保険料は高いのですが、掛け捨てではないので、死亡保障も得られながら貯蓄もできるので、老後資金に役立つのが終身保険です。

養老保険は「死亡保障」がある貯蓄目的の保険です

養老保険は、死亡保障がある貯蓄目的の保険で、満期保険金と死亡保険金が同額という変わった保険です。
養老保険はあくまで貯蓄が目的の保険なのですが、被保険者が亡くなった場合は、死亡保険金が受け取れます。
貯蓄と死亡リスクを同時にカバーした保険で、死亡保障については定期保険と全く同じになります。

 

養老保険は貯蓄目的がメインなので、10年〜15年など比較的短い保険期間のものが主流になります。
そのため、入院保険など治療目的の保険として養老保険があるから大丈夫だと思っていると、満期後の入院保険に困ることになるケースがあるので、注意しないといけません。
そういう意味では、お金を貯める目的の保険とリスクをカバーする目的の保険は分けて考えた方がいいかもしれません。

 

貯金におまけがついているというのが大きなメリットですが、大きな死亡保障を確保するために莫大な保険料が必要なのが養老保険のデメリットです。
考え方としては、貯蓄を目的として加入するのがよく、貯蓄におまけで生命保険がついているという風に理解するのが無難です。
養老保険の保障機能を生かすには、分割して保険料を積み立てていく形にする必要があります。

生涯に必要な保険を無駄なく選ぶ、保険専門家の無料アドバイス

注目しよう 保険の専門家のアドバイスで、老後に最適な保険を選びましょう。

 

保険マンモスサイト

 

保険マンモス

 

難関資格ファイナンシャルプランナー保持者で五年以上の経歴がある人物を、お宅や会社に無料派遣してくれます。専門家の相談が何度でも無料。

 

保険クリニックサイト

 

保険クリニック

 

店舗相談と訪問相談どちらでも可能!コンサルタントの相談はとにかく話を聞いてくれるスタイル。キッズスペースもあるので無料相談に集中できます。

 

保険見直し本舗サイト

 

保険見直し本舗

 

最近CMで有名になりました。駐車場あり・キッズスペースありなどの店舗を選べるので、便利な上に子供に気を取られること無く無料相談ができます。