老後 生命保険 介護保険

生命保険会社の介護保険商品があります

高齢化社会が進んできていますが、高齢になって介護を受けられないければならない人が増えてきているのです。
国の健康保険にも介護保険はありますが、その保障額だけではもし自分が介護の必要が起こったときに十分であるかの不安は消せません。

 

でも今は、生命保険会社で介護保険システムによる商品プランが考えられています。ちなみに生命保険会社の介護保険のメニューを見ていくと給付内容として、「介護一時金」や「介護年金」さらに「一時金と年金の併用」に分かれていきます。
そこで介護保険への入り方ですが、多くは終身保険に「介護特約」をプラスしていくやりかたです。
さらに「介護保険」だけの単体のタイプもあります。終身保険に加入しているのであれば、保険の払い込みが満了した時点で、介護保険に切り替えていけば良いのです。

 

そして介護といっても基準が問題ですが、保険会社としての介護の必要性の基準は、「寝たきり」と「認知症」となっていきます。ちなみに保障期間は10年や20年で、70歳までやさらに80歳、さらに終身までのタイプに分かれていきます。
ですから、ご自分に合った介護保険プランを見つけていきましょう。

民間介護保険。要介護度基準判定と生命保険会社基準判定

65歳を過ぎると介護保険の扱いは、ご自分が住んでいる市町村に変わっていきます。
介護保険料を管轄する市町村にお献金を支払いながら、もし介護を受けたくなったときには、まず市町村へ要介護認定申請を行う必要がでてきます。

 

そして要介護認定申請を受けた市町村では、認定審査の調査を行います。審査と判定は、介護認定審査会の判断となってきますが、判定結果がでると市町村では、要介護認定か要支援認定かのいずれかの扱いを決めます。ちなみに要介護認定ですが、認定基準はこれまでの6カ月以上にわたって継続して日常生活の動作での入浴、排泄、食事に支障をきたしていて、介護が必要な状態を指します。

 

さらに要介護には、5つの段階が設定されているのです。次に「要支援」の基準ですが、今は介護を必要としないで、これまで6カ月以上に渡り継続して介護支援を家事や日常生活で必要とするものです。

 

次が民間生命保険会社の介護認定基準ですが、保険会社によって違っていて、「要介護2以上に認定」もあれば、「要介護3以上の認定を受けながら介護を必要とする機関が○○日間以上を超えて継続した場合などに分かれていきます。
保険会社で認定基準は違ってくるので、保険に入るときに確認しなければならないのです

生命保険会社の介護保険の保障はいろいろ

国の社会保障制度の一環で、公的介護保険制度は充実してきています。
でも公的介護保障はまだ十分であるとは言えないのです。高齢化が進むなかで、老後の健康を考えていくともしもの時の準備をしていかなけれなならない時代になってきています。

 

老後の介護保険には、民間でも行われていて、生命保険会社の介護保険という選択肢が用意されているのです。
民間の生命保険会社の介護保険には、多くの種類がありますので、その中からご自分が考えている老後の介護を受けるために合った商品選んでいけるようになっています。

 

介護保険には3つのタイプの給付内容が生命保険会社では用意されていますが、介護が必要になったときの「一時金として受け取るタイプや「年金型」さらに「一時金と年金を併用」があるのです。
次に加入の仕方ですが、「介護特約」として、生命保険の終身保険にプラスする方法やさたに介護保険に主契約で加入できるタイプに分かれます。
介護保険の保障を受けるには、自分の生活設計の仕方で変わってきますので、老後の介護を受けるときの準備としてどのように介護保障を受けて行ったらよいかを考えて決めていかなければならないのです。

生涯に必要な保険を無駄なく選ぶ、保険専門家の無料アドバイス

注目しよう 保険の専門家のアドバイスで、老後に最適な保険を選びましょう。

 

保険マンモスサイト

 

保険マンモス

 

難関資格ファイナンシャルプランナー保持者で五年以上の経歴がある人物を、お宅や会社に無料派遣してくれます。専門家の相談が何度でも無料。

 

保険クリニックサイト

 

保険クリニック

 

店舗相談と訪問相談どちらでも可能!コンサルタントの相談はとにかく話を聞いてくれるスタイル。キッズスペースもあるので無料相談に集中できます。

 

保険見直し本舗サイト

 

保険見直し本舗

 

最近CMで有名になりました。駐車場あり・キッズスペースありなどの店舗を選べるので、便利な上に子供に気を取られること無く無料相談ができます。