老後 医療保険

老後こそ必要なのが医療保険

保険ってとてもたくさんの種類がありますよね。ですが万が一のことを考えて、保険はしっかりと見極めて用意して入っておきたいものですね。
老後に無保険でいることはとても不安なことだと思います。年老いてからだと年齢や病歴などによって保険に入ることができなくなってしまう可能性がありますので、若い元気なうちから入っておくことをお勧めします。

 

そしてやっぱり老後に必要になってくるものが医療保険なのだと思います。医療保険は怪我や病気などによって入院や手術をおこなった時に保険金、給付金等が受け取ることができる保険になっているんですね。
死亡保険とはちがって被保険者が生きているうちに受け取ることのできる保険なんです。
老後は特に病気などをすることが多くなるでしょう。なのでしっかりと入っておくべき保険だと思います。それに老後は年金生活などで生活が圧迫される可能性があります。

 

終身保障型の何歳まで保険金を払い込めばあとは終身保障をしてくれる保険に入っておくと、老後の不安や心配も無いですよね。保険金で生活が圧迫されることもありません。

老人は長期入院が多いのに60日入院保障の医療保険でいいのか

老後の健康を考えると民間の医療保険に入っておいたほうが良いかどうか検討していく必要があります。
医療保険に入っていて入院した場合ですが、入院支払限度日数を決められているのです。

 

一回入院した場合の保険金の支払い日数は、60日までのものが一般的です。
でももしそれでは足りないと考えて120日とか180日に変更はできますが、これでは足りなくなってしまいます。
60日以内で退院できる病気であれば、1日の入院費が一万円あたりが相場ですから、メリットは多きいのです。

 

でも高齢で病気になると60日以内で退院できるケースは少ないのです。60日を超えた分は自己負担となってきますが、仮に脳梗塞で入院して100日入院しなければならないとなると40万円は必要と考えて置かなければならないのです。

 

さらに病気になって入退院を繰り返すケースは多いのですが、60日以内の入院なら何回でも保険が支払われるかというというではなくて、通算入院日数というカウントですので、トータルで60日を超えると支払われないのです。
さらに保険のタイプによっても違ってきますが、入院と再入院の間隔が180日以上あれば、それぞれに60日の入院保険を付けているものもあるのです。でも退院後に180日もあれば、多くの病気は治ってしまうケースが多いので、あまり適応されるものではありません。

古い医療保険は最新医療保険にすべき

医療保険の中身は、どんどん変わってきているのをご存じでしたか?
見直されている要因としては、法律の改正があったり時代背景の変化によるものです。そういった医療保険の変化ですが、日本の保険会社が医療保険に本各的に参入を開始したのは2001年からです。

 

それまでは外国資本の入っている保険会社しか医療保険は扱っていなかったのです。
今では医療技術の進歩や高齢化社会という時代との兼ねないも大きくて、医療保険としてのがん保険はあたりまえですが、第三分野の保険は2001年からの自由化によって始まっているのです。

 

でも医療保険は一度入っておけば、どんな状況にも対応して貰えるなんて考えてはおれません。
さらに保険会社も時代的な要因から起こる必要性を絶えず検討しながら、新しい商品の開発を行っているのです。
ですからこれから医療保険に入る場合や今入っている医療保険は、最新の商品について検討していかなければなりません。さらに今は高齢化社会という時代的背景があるので、終身医療保険に入る方が増えてきています。
でも入ってから50年〜60年も先となると時代が変わっていきますから、たとえ終身保険といえども入っている医療保険については耐えず見直していく必要があるのです。

 

 

 

 

生涯に必要な保険を無駄なく選ぶ、保険専門家の無料アドバイス

注目しよう 保険の専門家のアドバイスで、老後に最適な保険を選びましょう。

 

保険マンモスサイト

 

保険マンモス

 

難関資格ファイナンシャルプランナー保持者で五年以上の経歴がある人物を、お宅や会社に無料派遣してくれます。専門家の相談が何度でも無料。

 

保険クリニックサイト

 

保険クリニック

 

店舗相談と訪問相談どちらでも可能!コンサルタントの相談はとにかく話を聞いてくれるスタイル。キッズスペースもあるので無料相談に集中できます。

 

保険見直し本舗サイト

 

保険見直し本舗

 

最近CMで有名になりました。駐車場あり・キッズスペースありなどの店舗を選べるので、便利な上に子供に気を取られること無く無料相談ができます。